情報の取捨選択。

先日、あるクライエント(相談者)様からこんなご質問を頂きました。

「情報の取捨選択で何かいい方法はないでしょうか?」

もちろんカウンセリングではなく、余談でのご質問です。

 

常に情報収集をされており、必要な情報の取り方に苦慮されているようでした。

細かい内容には触れませんでしたが、何か、明快な方法を求めている様子でしたので

参考までに私の方法をお伝えしてみました。

  • 正否の判断はせずすべての情報は正しい、との前提で接する
  • 信じきれるかどうか
  • 楽しい情報か

この3点だけです。

正否の観点で見ると、判断が難しいように思います。

時と場合によっても変わるでしょうし、見る人によっても変わるかも知れません。

その半面、自分が「信じきれる」情報はチカラになるので、上手く応用できます。

さらに「楽しい」と、もう自分に組み込むことが出来ます。

 

この3点のいいところは、頭で考えすぎない、という点です。

したがって、本当に欲しい情報だけ手に取るので情報に埋もれません。

すなわち、楽です。

 

これもひとつの整理整頓なのかな~っと思ったりもします。

 

 

コメント: 0