ネガティブな自責をやめてみましょう。

Japanese Hiroshi Miyauchi Counseling for foreigners

 

ネガティブな自責をすること、ありませんか?

「なんでこんな事もできないんだろぅ・・・」

「私ってダメだな・・・」

ちょっとしたミスや、他人と比較した自分のスキル?を見る時など、ついつい思ってしまうのではないかと。。

幼少から持ち続けている自分へのイメージで、習慣化している人もいるのではないでしょうか?自分を低く見てネガティブな気持ちが尾を引いてしまう・・・。

 

一方で、ポジティブな自問をするときは「自答」もしているはずです。

「これをやったら、楽しめるだろうか?」

「私は今、この出来事に飛び込むべきだろうか?」

その後、ワクワク感であったり、ざわつく感じであったりと感覚で「自答」をキャッチしています。

 

ならば、ネガティブな自責をしたくなったら、ポジティブな「自答」を強制的につけるクセをつければ、自己肯定、自己受容につながります。

 

その自答とは、

「Yes,you're right!」=そうだ、あなたの言う通りだ!

二人称で言う(心で呟く)ところがポイント。自答する人は心でも自分自身でももう一人の自分でも、何かしっくりする名前で。

 

字面にすると、

私:「次はきっと上手くいく!」

心:「Yes,you're right!」=そうだ、あなたの言う通りだ!

私:「私は十分にやっている!」

心:「Yes,you're right!」=そうだ、あなたの言う通りだ!

私:「これなら皆で楽しめるぞ!」

心:「Yes,you're right!」=そうだ、あなたの言う通りだ!

 

こんな自問自答はしたくないなずです。

私:「次も上手くいかないんだろうなぁ・・・」

心:「Yes,you're right!」=そうだ、あなたの言う通りだ!

私:「私ってセンスないのかな・・・」

心:「Yes,you're right!」=そうだ、あなたの言う通りだ!

私:「これだと皆で楽しめないかな・・・」

心:「Yes,you're right!」=そうだ、あなたの言う通りだ!

 

もちろん最初は、ハートの声ではなくマインドで強制的に自答するのですが、クセになると、だんだん自分の現状を許せるようになります。そうすると、自責の念が減ってきます。行きつ戻りつ、慣れるまでは意識して。

ゲーム感覚で楽しんでやってみて下さい。はっきりと変わった人もおります。

 

コメント: 0