外国の方からの声。

セルビア 女性 モデル 来日時

私は仕事で、度々日本に来ます。

私は9年間モデルですが、モデルとして、表情を学んだ。

私は、悲しい時でも笑顔を学んでいる。

私は、表情を表現する方法を学んだが、私は感情を感じない。

感情を感じなくなってしまった。

貴方は、私が、正直に笑顔で笑っていい事を教えてくれた。

正直に笑顔で笑う方法を、示してくれた。

私はこれを実践する。

 

カメルーン 女性 会計士 来日時

私は、日本に来るのは2回目です。

私は、例えばサッカー選手のような国を代表し、夢を与えるヒーローではない。

私は、人の役に立つことで自分を保ってきたと思う。

それが、それが、自分の存在価値?

私は今まで、喜びの人生がどんなに楽しいかわからなかった。

私は、自分の心と向き合うこと、向き合っていいということを学んだ。

これまで、このように感じたことはなかった。

貴方の豊かな言葉、豊かな会話、豊かな時間に感謝する。

またいつか。

 

ウクライナ 男性 エンジニア 在日

祖国を離れ、日本で仕事をしています。

家族は一緒だが、親、親類、友人は本国にいる。

今、街には戦闘がなく幸せだが、しかし、いつでもすべてが変わることがある。

いつかは帰るつもりだが、戻りたくない気持ちもある。

自分に罪悪感でいっぱいだった。

他人から見た自分でいなければならないと、押しつぶされそうだった。

自分を責めずに今出来ることをやればいい。その許可を自分に下す。

家族のためにも、正直に生きてみる。

貴方に感謝します。我々は、また会えるだろうか?

 

社会主義、植民地支配下、内戦や政情など、日本とは経てきた歴史、現在の環境が異なるので、悩みの本質、感じ方は違うことをご承知おきください。

悩みに大きいも小さいもなく、正否や善悪もありません。その方にとっては、大きな悩みであることは、誰でも同じ、ということです。

 

コメント: 0