オープンになる、とは?

先日、あるコミュニティの方々と「オープンマインド」について、ディスカッションを行いました。年齢は30代から50代までの男女。

  • 他人に対してオープンでありたい
  • もっと心の扉を開きたい
  • 先入観や固定観念を外したい
  • 人間関係の幅を広げたい
  • 狭い視野を変えたい

「オープンな自分になりたい」という動機は、人それぞれです。

何かの出来事、きっかけで日頃から自分と向き合い、そう思うようになったのではないでしょうか。

 

では、「オープン」とはどういう状態なのか?

例えていうと、まさに「窓を開ける」と同じことではないでしょうか?

天気が良く、心地良い風が吹いていて、思わず窓を開けたくなる日。

 

窓を開けました。

心地良い風が部屋を通り、とても気持ちがいい。

もうサイコー。

でも、ちょっと風が強くてホコリも一緒に入ってくる。

でも、ホコリなんかあとで拭けばいい。そんなことより、

この心地良さに浸っていたい。

つまり、何でも「受け入れる」ということです。

出来事、状況、人々。

窓を閉めたら、ホコリは入らないけど、心地良い風も味わえない。

心地良い風に比べたら、ホコリなんか、まぁ、どうでもいいや。

 

自分にとっていい事は望むけど、嫌な事は来なくていい。

これだと、いい事にも気づけません。

何でも受け入れるということは、口で言うほど簡単ではないでしょう。個々が持っている「固定観念・経験・定義づけ」が大きく作用するからです。なので、意識して練習が必要ですね。その練習とは、出来事、状況、人々を「判断をしない」ということ。善悪、正否、優劣などの判断をやめるのです。

思い込みというカギを外す。ありのまま受け入れてみる。

そもそも、肯定的な側面しかないものなど、存在するでしょうか?

すべての物事は二面性です。

ありのまま受け入れて、自分にとっての肯定的な側面を探してみる。

これこそが、オープンな「姿勢」です。

すんなりと受け入れる。

出来事も、状況も、人々も。

来て欲しくない事を避けることにエネルギーを使うから、避けることが追ってくる。すると今度は、来なくてもいいような仕組みを考える。建設的ではないから疲れる。その繰り返しで、いい事が一緒について来ていても見えない。

それより、丸ごと受け入れて楽しんでみると、自分にとって「いい事」が見えてきます。

 

そして一番大切なこと。

自分自身にもオープンになることです。

自分を丸ごと受け入れて、丸ごと認める。自分の肯定的な面を探してみる。

誰かに言う必要もない。会見も必要ない。正当性を主張する必要もない。

こっそりと探してみてください。

 

コメント: 1
  • #1

    الكسندرا (水曜日, 15 11月 2017 09:13)

    أريد معرفة المزيد عن هذه المقالة.