心理相談室道敷のメリットとデメリット

自然界、出来事、状況、人々、総て二面性があります。心で例えるなら陽と陰、明と暗、自信と不安など。

カウンセリングのやり方もメリットだけの完璧な仕組みはないと考えます。

もちろん、心理相談室道敷も完璧ではありません。そこでメリットとデメリットを載せますので、こちらも判断材料のひとつとしてください。

メリット

  • 出張による対面カウンセリングですので、個室に抵抗がある、という方は利用しやすいです。
  • お勤め帰りの時間を有効に使いたい方、また出先での時間を有効に活用したい方も利用しやすいです。
  • パブリックな場所で行います。カウンセラー側、あるいは相談者様側でのテリトリーではなく、双方にとってニュートラルな環境での面談が出来ると考えております。
  • 心理カウンセラー宮内博志は社会経験が豊富です。よって、男性、女性問わず第一線で活躍されている会社員、組織の役職者やリーダー、事業主の方々へのカウンセリングは得意としています。その方のポストや役職、経験や価値観、組織での遂行ミッションや責任度合い、公私の環境要素などに配慮した姿勢で対応いたします。
  • 心理相談は、毎回とは限りませんが次回までの宿題としてワークをお渡しします。面談時以外にもご自身に向き合っていただくことが大事であり、それがとても有効であると考えております。

デメリット

  • 出張による対面カウンセリングですので、個室をご希望の方には不向きです。個室の面談には多くのメリットがあります。極度の外出恐怖症の方や感情表出のコントロールが難しい方などは、個室の面談ルームをお持ちのカウンセラーへご依頼ください。
  • 出張による対面カウンセリングですので、1日にご対応出来る相談者様の人数に限界があります。
  • 対面を重視しております。たまにお問い合わせを頂きますが、メールやスカイプでのカウンセリングは行っておりません。対応されているカウンセラーへご依頼ください。
  • 札幌圏メインでの出張となります。ですが、前後のお約束の状況によって近郊、また関東など遠方依頼も対応しております。遠方の方で関心をお持ちの方は、まずお問い合わせください。私が伺う場合、交通費の実費をご負担頂いております。(近郊でお時間が許す方へは、同じ交通費であれば気分転換とプチ観光を兼ねて札幌までお越しになりませんか?とのご提案をさせて頂くこともあります)
  • 外国人の方を除き、未成年の方のご相談は受け付けしておりません。対応されているカウンセラーへご依頼ください。