アルコール依存 薬物依存 精神障害 自殺願望

お引き受け出来ないケース

アルコール依存の方

一般にアルコール依存症とは、急性中毒は含まず周期的または持続的にアルコールを摂取することによって起こる、慢性中毒症状のことを指します。

  • 長年飲酒を続けることで社会的、精神的または身体的に障害された状態。精神的にアルコールを求める(精神依存)とともに酒量が増え(耐性)、やがては不快な手指のふるえ(身体依存のはじまり)から朝酒を飲みだし、ついには飲酒を中断するとけいれん、幻覚などの禁断症状を起こす。

  【カウンセリング辞典/國分康孝著/誠信書房刊より引用】

 

薬物依存の方

  • 薬物摂取を止めようとしても止められない状態をいい、精神依存と身体依存がある。精神依存は快感を求めたり不快感を避けるため、ある薬物を意思の力ではコントロールできずに、周期的または継続的に求める状態。身体依存は、たとえば離脱症状(退薬症候)、すなわち薬物量を少なくしたり、断薬した場合に身体的異常を生じる状態。

  【カウンセリング辞典/國分康孝著/誠信書房刊より引用】

 

精神障害の方

  • 統合失調症-精神状況が現実の世界から逸脱してゆく状態の精神疾患です。陽性症状としては妄想や幻覚、理解不能な会話、理解不能な行動などがあります。陰性症状は感情の平板化、意欲の欠如、抑うつ感、思考力の欠如です。治療の中心は薬物療法となります。尚、陽性症状の「陽性」とは、通常はない状態が出てくること、陰性症状の「陰性」とは、通常ある機能が失われていることを意味します。
  • 内因性うつ病-脳内の神経伝達物質の減少など生物学的な原因による精神疾患です。心因性うつ病とは違い、きっかけの有無ではなく脳内の変化によって発症します。治療は神経伝達を増加させる薬剤投与による薬物療法です。

自殺願望、希死念慮、自殺企画の状態にある方

  • 自殺願望ー「死にたい」という思いです。生きているのが嫌だ、死ねるものなら死にたい、という状態です。
  • 希死念慮ー「死ななければならない」という思いです。死にたいという言葉が頭から離れないなど、自殺することを義務的に思っている状態です。
  • 自殺企画ーリストカットなど、実際に自殺しようと「行動」に移している状態です。