JR北海道の秘境!小幌駅清掃の旅。

去る5月20日、JR北海道の秘境、

小幌駅に行ってきました。 

 

この駅は、知る人ぞ知る秘境駅。

日本一の秘境駅。

廃止の話しが出ましたが、現在は豊浦町さんが観光振興の一環として、年次でJR北海道より維持管理を請け負っている駅です。

 

何が秘境なのかと言うと・・・

3面山に囲まれ、1面は噴火湾に降りるのみという環境。もちろん、生活駅ではないので道もなく、上り下り合わせて1日6本の普通列車でないと辿り着けない駅。


 

私も鉄道の旅は好きですが、特にマニアでもなく、昨年小幌駅に行く機会があり降り立ったところ気に入ってしまった、という訳で。

その際、清掃でもやりませんか?と、豊浦町さんに打診したところ、賛同を頂き清掃ボランティアを実施。今回、晴れて2回目の開催となりました。

 

前回は私を含めて3名という、何とも盛り上がらない人数。でも規模を考えると、まぁ丁度いい人数。

ところが今回は、豊浦町役場の2名を主に、何と6名での実施となり、初夏の陽気の中、ブヨに囲まれつつも楽しい作業でした。

 

秘境・・・駅なのですが、秘境とは関係のないゴミが散乱・・埋没・・。

空き缶やペットボトル、コンビニ弁当など色々あります。6人でせっせと拾い、せっせとゴミ袋へ詰め込む。

6袋くらいでしょうか、かなりの収穫ではありました。


釣り師も来たり、噂を聞いた好奇心旺盛の方が来たりと乗降客は多いと思います。旅のお供にお弁当や飲み物、お菓子など欠かせない楽しみではありますが、ゴミは持ち帰ってくれるといいよね~♪

 

※小幌駅清掃ボランティア活動は、豊浦町からJR北海道に許可を頂いた上で実施をしております。

 

 

この季節の北海道は、海に山に川に湖、どこへ行っても新緑が綺麗で楽しめます。景色の色合いが変わりつつある今の時期は特に最高です。

小幌駅も、隔絶された未開の山の中で、大自然の豊かさを満喫できます。

噴火湾まで降りて、綺麗な太平洋を眺めるのもよろしいかと。

興味のある方は、ぜひ行ってみてください。

雄大な大自然の新鮮な空気が、皆さんを優しく包んでくれます。

 

★参考までにご覧ください★

北海道豊浦町 日本一の秘境駅「小幌駅」

小幌駅の駅ノート・無人観光案内の管理人

0 コメント

自分だけの景色を見に行く一人旅。

札幌 カウンセリング 心理相談室道敷 宮内博志

旅なんか大キライ!という方には申し訳ないのですが・・・(;^ω^)

皆さんにも、「自分だけの景色」という地があるのではないでしょうか?

  • 自転車で初めて遠出した場所
  • 学生時代の通学路
  • 修学旅行先
  • 心に焼き付いている旅行先
  • 何かの縁があった場所
  • 実家の周り
  • 旅行でふと立ち寄った先

などなど。

ふと、そんな「自分だけの景色」に行ってみたいなぁ・・・と思う瞬間がありませんか?

その途端に、ご当地での様々な記憶や思い出が頭をよぎることかと思います。瞬時にたくさんの思いを馳せることでしょう。

札幌 カウンセリング 心理相談室道敷 宮内博志

 

年末年始だし、GWだし、連休だしどっか行こうか?といったマインドで考える旅行と違い、ハートが求めてる、場合によってはハートが渇望しているサインですね。

  • ただただ、行ってみたい・・・

演出する旅行ではなく、理由を説明する必要もない。自分自身の中で徐々に目的がはっきりしてゆく、ある意味、自分と向き合える「本当の旅」だと思います。

 

中には、嫌な思い出しかなかった地でも、時間の経過とともにどうでもよくなり、やがて懐かしささえ芽生えてくる、そして行ってみたくなる。なんて人もいるのでないでしょうか?

私はそのひとりです(^・^)

 

そんな気持ちで何となくワクワクしてきたら、迷わず行ってほしいと思います。

自由な心の扉を開く。きっと、そんな楽しい旅になります。

 

札幌 カウンセリング 心理相談室道敷 宮内博志
  • 万歩計つけて歩いて行くもよし
  • 汗を飛ばしながらヒーヒー自転車で行くもよし
  • 好きな音楽聴きながらドライブもよし
  • ライディングに酔いつつバイクで行くもよし
  • のんびりと路線バスに揺られて行くもよし
  • 駅弁食べながら電車・汽車で行くもよし
  • デッキから洋上を眺めつつ船旅もよし
  • 地面から離陸して飛行機で飛ぶもよし

お好きな手段、乗り物で。

色々と思いを馳せているうちに、ふと誰かと会いたくなるかもしれません。ちょっと寄り道したくなるお店を思い出すかもしれません。予定変更、大いに歓迎ですね。

 

札幌 カウンセリング 心理相談室道敷 宮内博志

一人旅のいいところは、ゆっくりと自分に向き合える、という点に尽きるのではないでしょうか?

それが「自分だけの景色」を再訪する旅であれば、とても質の高い時間を過ごせます。

  • 以前とは違って見える景色の感慨深さ
  • 自分の気持ちの変化に気付く瞬間
  • 新たな視点が生まれる

また、新しい出会いや交流があるかもしれません。これこそ、まさに旅の醍醐味です。

誰のためでもない、自分のための時間・空間・場所。

思い立ったら、ぜひ自由な心の扉を開いてください。

マインドでは計り知れないほど、いい旅になります。

 

0 コメント